Adobe Stockで高品質なフリー素材を無料でダウンロードする方法

Adobe Stockで高品質なフリー素材を無料でダウンロードして、よりクオリティの高いコンテンツを作りたい人のためにAdobe Stockの使い方と活用方法を解説します。「他サイトとかぶらない著作権フリー画像を使用したい」というサイト運営者におすすめです。

っぽくなるデザイン 誰でもできるかっこいいレイアウト集

Adobe Stockとは

Adobe Stock(旧Fotolia)とは、Adobeが高品質な著作権フリー画像/動画/オーディオ/イラスト/アイコン/3Dデザイン等を提供するフリー素材サイトです。ストックフォトサービスとも言います。主なユーザーはWebデザイナー/グラフィックデザイナー/クリエイター/サイト運営者/Web担当者です。企業/教育機関/官公庁向けに提供しているということもあって、画像にしても動画にしてもビジネスに適したプロフェッショナルな印象を与える素材が多く配布されています。

Adobe Stockの素材を無料ダウンロードする方法

下記の手順の通りに進めればAdobe Stockのフリー素材を無料でダウンロードできます。すでにAdobeの会員登録を済ませている場合はSTEP1を飛ばしてください。ちなみにAdobe Stockは、Creative Cloudプランを契約していなくてもAdobeの無料会員であればどなたでも利用できます。

STEP1: 無料会員登録をする

STEP2: Adobe Stockを開く

STEP3: キーワードを検索する
※検索結果は日本語でも英語でも同じなので日本語でOKです

STEP4: 選んだ素材のページを開く

STEP5: 「無料でライセンス」からダウンロード完了

Adobe Stockの無償体験版について

Adobe Stockの無料素材ではない画像やイラストをダウンロードしたい場合は、月額/年額サブスクリプションの無料トライアルを申し込む流れとなります。無料で配布されていない素材(有料素材)のページを開くと上記の「無料でライセンス」の代わりに「無償体験版ダウンロード」ボタンが表示されます。

Adobe Stockの料金プラン

年間プラン
月々プラン

アセットというのは素材のことです。料金表を見比べてみると年間プランだと月10点ダウンロードできるのに対し、月々プランは月3点までしかダウンロードできないところを見ると明らかに年間プランの方が充実した内容になっているのがわかります。また、月々プランだと追加で素材を購入すると1点あたり1298円と割高ですが、年間プランだと382円で済みます。

もしダウンロードし忘れたとしても、ダウンロードし損なった分は翌月に繰り越してダウンロードできるのがこのプランの魅力です。無料トライアル期間は30日と比較的長いので「とりあえず有料素材10点だけ欲しい」という人も期間中に解約すれば一切請求されません。高品質な有料素材10点を無料で欲しい人におすすめです。解約方法についてはAdobe公式ページをから確認できます。

有料素材を無料でダウンロードする

無料素材と有料素材を比較

Adobe Stockの無料素材と有料素材の主な違いを見せます。

検索結果数が大幅に変わる

「美容」をキーワードに検索したときの結果が無料素材は2406件に対し、有料素材は41万件を超えています。

無料素材
有料素材

使い勝手の良さ

無料素材でも十分クオリティ高い画像が手に入ります。ただ、有料素材に比べると少し用途が限られそうな素材が見受けられます。

無料素材
有料素材

動画のクオリティの差

「日本人」をキーワードに動画を検索したところ、有料素材の方が明らかにクオリティの高い素材が多く出てきます。検索結果は無料素材が12件なのに対し、有料素材は約30万件と大きな差が付きました。

無料素材
有料素材

無料では手に入らないものの、質の高い動画が非常に多く用意されているので動画制作をする人は動画素材を中心にチェックしてみることをおすすめします。私もYouTubeにて、たまに動画を投稿しますが無料のフリー素材サイトで配布される動画で実用的なものってほぼほぼ見当たらないですね。Adobe Stockを製作時間短縮のために利用するだけでも元が取れるかと思います。

有料素材を無料でダウンロードする

通常ライセンスについて

無料/有料に関わらず、Adobe Stockで提供される写真/イラスト/ベクターのほとんどが通常ライセンスに属しています。Adobe Stockを利用する大半のユーザーは商用利用目的だと思うので、素材をダウンロードしたら公式サイトのライセンス情報よくある質問に一度目を通しておくことをおすすめします。無料素材でもライセンスの内容が有料素材と同じ「通常ライセンス」であることはAdobe Stockの強みです。

通常ライセンスで特に着目したいポイントが「ライセンスを顧客または雇用主に譲渡する」です。ヘッダー/バナー制作やLP制作の一部にAdobe Stockの素材を使用しても、クライアントに納品するときにライセンスも譲渡できます。クライアントワークをするフリーランスにとっては安心して素材を利用することができるのが良いですね。

おすすめ記事
リモートワークに最適なモニターサイズの選び方とおすすめ9選
デスク周りをきれいにするおすすめ収納アイテム
Adobeの日本語Webフォントをサイトを遅くせずに導入する方法

Sponsored Links

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

two + one =