すべてのグラフィックデザイナーが読むべき本10冊

グラフィックデザインをより深く知るためにすべてのグラフィックデザイナーが読むべき本を10冊紹介します。デザインを学び始めた初心者からデザインスキルをさらに向上させたい中級者まで、何度でも読み返して繰り返し学べる本を厳選しました。新しいアイディアとインスピレーションを得るきっかけ作りの役に立てれば幸いです。

Adobe Illustrator-理想のロゴをデザインするためのツールをすべて紹介

グラフィックデザイン本を選ぶ基準

世の中に発売されているデザイン本の総数はざっくり数千冊以上と膨大です。その中から以下の基準をベースにしてグラフィックデザイナー向けの本を厳選しました。

わかりやすく最後まで読める内容になっているか
図解やロゴの見本が十分に使われているか
生涯実践的に使えるデザインテクニックを発見できるか
流行やトレンドに左右されないデザインが学べるか
デザイナーに自信を与えて勇気づけてくれるか

今回紹介するすべての本が上記の基準を完璧に満たしているわけではありません。ただ、グラフィックデザイナーなら誰しもデザインの仕事をしているうえで悩むことが多々あると思います。

「デザインするのが楽しくなくなってしまったとき」
「他人の作品がすごすぎて自信を無くしてしまったとき」
「自分が何をデザインしたいのかわからなくなったとき」
「オリジナリティを求めすぎて苦しくなってしまったとき」

このようなときに自分を助けてくれる、あるいは道しるべとなってくれる、そんな本を選びました。ぜひ10冊すべて読んでください。

グラフィックデザイナーに読んでほしい本10冊

1.ロゴデザインの教科書 良質な見本から学べるすぐに使えるアイデア帳

たくさんあるロゴデザイン本の中で最も知名度がある本の1つです。ロゴデザインを学ぶ上で必要不可欠となる1冊です。私はロゴデザインのスキルを顧客と取引していく段階で自己流+叩き上げで身に着けてきましたが、この本を最初の段階で読んでいればより早くスキルアップできたのかなと少し後悔しました。有名企業に実際に使われた様々なロゴと解説がたくさん載っています。

2.タイポグラフィの基本ルール ―プロに学ぶ、一生枯れない永久不滅テクニック

ロゴ、ポスター、ヘッダー、バナー、パッケージ、カバー、etc. 何を制作するにしてもデザインにおいてタイポグラフィーは非常に重要な役割を果たします。これはWEB制作においても同じです。より高いクオリティのロゴを作りたいのに作れなかったとき、この本を読んだことによってフォントの扱いが格段に上達し、よりプロフェショナルなロゴを作れるようになりました。一生使えるテクニックが身に付きます。

3.ブランディングデザインの教科書

ブランディング×デザインをテーマに「デザインをいかに戦略的に経営に落とし込むか」を筆者が実際に携わった企業のリブランディング事例を基に説明した一冊です。曖昧にとらえていたブランディングの概念を明確に教えてくれます。ロゴをデザインする以上、ブランディングの重要さとロゴの立ち位置をクライアントに説明しなくてはならない場面が出てくると思います。グラフィックデザイナーにとっては、そういったときに非常に活きてくる本です。この本を通してビジネスとデザインの両方を理解し、顧客に上手く伝えることでロゴに深い意味付けができるようになるからです。

4.ロゴをデザインするということ。成功と失敗から伝える、君へのアドバイス

ロゴデザインをメインに、受注→制作→承認→納品までのプロセスについて重要点+注意点を詳しく教えてくれる一冊です。ただ、企業ロゴの事例が載っているだけではなくクライアントワークにおいて知っておくべきことがわかりやすくまとまっているので、デザイナーとクライアントの取引ポイントを押さえたい人に特におすすめです。個人的には、提案したロゴが一発OKもらえず悩んでいたときに読んで助かった本です。世界に通じる、人々に半永久的に愛されるロゴを作れるようになるコツが詰まっています。

5. ペンブックス31 新1冊まるごと佐藤可士和。

ロゴデザイン業界トップに君臨する佐藤可士和先生の特集本です。楽天、ユニクロ、今治タオル、GU、T-POINTと国内大企業のブランディング+ロゴデザインを手掛けている佐藤可士和先生の生い立ちから大企業の課題を解決した数々のプロジェクトについて解説した集大成です。ロゴデザインはあくまでも企業ブランディングの一環でしかありません。ロゴデザイナーの大本であり、最終目的地であるクリエイティブ・ディレクターの仕事を本書を通して詳しく学ぶことが出来ます。絶対に読んだ方がいい1冊です。

6.なるほどデザイン〈目で見て楽しむ新しいデザインの本。〉

とにかく写真やイラストなどの図解が多く、机でコツコツ読んで勉強するというよりかはコーヒー片手にリラックスしながら視覚的にデザインを学べる内容になっています。雑誌のデザインをベースにラフ/方向性/キャラづくり/ブラッシュアップなど平凡なデザインがスタイリッシュなデザインに完成されるまでのプロセスを丁寧に教えてくれます。デザインの豊かな表現方法や連想の仕方が身に付くので、初心者におすすめです。ロゴデザインに特化しているわけではなく、印刷物やWEBデザインに活かせるコンテンツがメインです。非常に人気の1冊です。

7.配色デザイン インスピレーションブック II

実務に使えるカラーデザインが学べる配色本です。ロゴ制作の案件でクライアントからメインカラーを指定されたはいいものの、具体的な色味や組み合わせるサブカラーが決められないというときにとても参考になります。配色の本は世の中にたくさん出版されていますが、ふわふわした曖昧なテーマでカラーパレットを分類しているせいか仕事であまり役に立たないものが多いです。一方、本書はクライアントに指定されそうなビジネス向けのテーマでカラーパレットを分類している点が優れています。配色に関する本はこれ1冊あればOKです。他の書籍より多く試し読みできるのでチェックしてみてください。

8.あるあるデザイン〈言葉で覚えて誰でもできるレイアウトフレーズ集〉

よくデザインで使われるテクニックやレイアウトに名前を付けて、事例とともに紹介している内容となっています。名刺/ショップカード、ヘッダー/バナー、ポスター/チラシ、本のカバーといったレイアウトをクライアントにイメージ共有する際に使えます。クライアントワークをするグラフィックデザイナーが顧客にざっくりしたデザインイメージを提案できるので実務で役に立つと思います。初稿提案前にこういったわかりやすいレイアウトを見せておくと、後々「イメージと違った」といったトラブルや大幅な修正を下されるリスクを避けられるのでスムーズに取引が進められます。すごく便利な1冊です。

9.クリエイティブの授業 STEAL LIKE AN ARTIST “君がつくるべきもの”をつくれるようになるために

「何かを“オリジナル”と呼ぶ者は、十中八九、元ネタを知らないだけなんだ」(本文より)ウォール・ストリート・ジャーナルにも作品が載った有名アーティストが書いた、デザイナーの本質を突いたベストセラー本です。写真やデザイン本特有の図解はなく、彼が創作活動をする中でたどりついたクリエイティブであることの真実についてメッセージ性の強い短い言葉でわかりやすく語っています。あまり紹介されることはありませんが、デザイナーが迷ったときや悩んだときに本書が道しるべとなってくれるはずです。私はこの本の英語版を読みました。すごくパワフルで素敵なメッセージに助けられたのでぜひ読んでください。

10.クリエイティブを共有! SHOW YOUR WORK! “君がつくり上げるもの”を世界に知ってもらうために

STEAL LIKE AN ARTISTと同じ著者の続編です。本書では自身の作品を世界にインパクトを与えて広げる方法やクリエイティブな活動を共有することの重要さに改めて気づかせてくれます。ただSNSに自分のデザインを垂れ流すだけじゃダメなこと、意義をもって作品を発信していくやり方などを教えてくれます。発信力に自信がないデザイナーやただただ意味もなく発信することに疲れたという人に特におすすめしたい1冊です。前作もそうですが、デザイナーに限らずクリエイターの根底に通じるコンセプトを見せてくれる素晴らしい本です。

ロゴデザインマスターコース|Adobe Illustrator(イラストレーター)【完全版】

おすすめしたデザイン本リスト

今回紹介した、すべてのグラフィックデザイナーが読むべき10冊の本のリストです。

ロゴデザインの教科書 良質な見本から学べるすぐに使えるアイデア帳
タイポグラフィの基本ルール ―プロに学ぶ、一生枯れない永久不滅テクニック
ブランディングデザインの教科書
ロゴをデザインするということ。成功と失敗から伝える、君へのアドバイス
ペンブックス31 新1冊まるごと佐藤可士和。
なるほどデザイン〈目で見て楽しむ新しいデザインの本。〉
配色デザイン インスピレーションブック II
あるあるデザイン〈言葉で覚えて誰でもできるレイアウトフレーズ集〉
クリエイティブの授業 STEAL LIKE AN ARTIST “君がつくるべきもの”をつくれるようになるために
クリエイティブを共有! SHOW YOUR WORK! “君がつくり上げるもの”を世界に知ってもらうために

Sponsored Links